診療案内|四街道市で眼科をお探しの方は柴眼科まで

診療時間
8:30~12:00 / /
16:00~18:00 / / / /

※受付時間は午前は11:30、午後は17:30までとなります。

休診日:火曜午後・木曜・土曜午後・日曜・祝日

043-423-2150
各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー
内科とも連携して
あらゆる目のお悩みを解決
柴眼科では、慢性疾患を中心に様々な治療に取り組んでいます。
糖尿病や高血圧に関連した目の病気も、柴眼科の2階にある内科と連携して治療いたします。
現状や治療方法などのご説明は、図をお見せしながらわかりやすくお伝えするようにしています。
また、YAGレーザーを導入することで、切開せずに後発白内障治療を進められるようになりました。
患者さんのご信頼に応えて、ご満足いただける治療を行ってまいりますので、お気軽にご相談ください。

当院でできる治療

一般眼科
目が痛い 目に違和感がある 目にできものができた など一般的な眼科治療を行います。目の痛みや充血、かゆみ、ものもらい、ドライアイなど、気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。お子さんの目の診療や検査も行っています。 また、難しい治療も連携医療機関をご紹介いたしますのでご安心ください。
連携医療機関はこちら

主な症例
  • ・視力低下
  • ・流涙症
  • ・流行性角結膜炎
  • ・アレルギー性結膜炎/花粉症
  • ・ぶどう膜炎
  • ・角膜炎
  • ・加齢黄斑変性症
  • ・ものもらい/めっぱ
  • ・調節けいれん(仮性近視) など

白内障
かすんで見える まぶしく感じる 暗く感じる など 目の中には、カメラのレンズのように光を屈折させて網膜に光を届ける「水晶体」があります。「白内障」とは、この水晶体が白く濁ってしまい、網膜に光が届かなくなって見えにくくなる病気です。
加齢が一番の原因で、個人差はありますが、誰でも年をとるにつれ水晶体が濁ってきます。 まずは検査を行いますので、お早めにご相談ください。

緑内障
見える範囲が狭くなった 一部が欠けて見える 視力が落ちた など 目の奥にある視神経に異常が起こって、視野が狭くなったり欠けて見えるようになる病気です。片方の目だけ発症すると、もう一方の目で視野を補ってしまうためなかなか自覚できません。さらに、一度見えなくなった視野はもうもとには戻せません。できるだけ早めに緑内障に気づき、治療を始めましょう。
柴眼科では症状に合わせて薬やレーザーでの治療を行います。手術が必要な場合も、連携医療機関をご紹介するのでご安心ください。

網膜疾患
見える範囲が狭くなった 小さなゴミが飛んでいるように見える ゆがんで見える など 私たちは目の奥にある網膜で、水晶体や角膜で屈折した光を受け止めて見ています。ところが、網膜の毛細血管が切れたり剥がれると、網膜に栄養が行き渡らなくなり、見え方に変化が現れます。例えば、光への感度が鈍くなったり、見づらくなったり、視界が欠けてしまうなどがあげられます。
網膜の病気は、糖尿病や高血圧が原因で発症するものもあります。柴眼科では内科と連携しておりますので、成人病などをお持ちの方もお気軽にご相談ください。
詳しくはこちら

眼鏡処方
使いやすい眼鏡がほしい 今の眼鏡が合わない など 目に合わない眼鏡をしていると、目が疲れやすくなるだけでなく、肩こりや頭痛の原因になります。
柴眼科では目の検査をしっかりと行うとともに、患者さんの視力やライフスタイルに合う眼鏡をお作りしています。院内には眼鏡ストアーも併設しており、お好きなデザインや機能の眼鏡をお選びいただけます。

コンタクトレンズ処方
コンタクトレンズを作りたい コンタクトレンズが合わない 目の状態に合ったコンタクトレンズがほしい など 近年、コンタクトレンズはハードレンズやソフトレンズがあるだけでなく、色のついたものや使用する日数の違いなど、様々な種類が開発されています。
柴眼科ではしっかりと検査を行うとともに、患者さんのご希望を伺い、ご満足いただけるコンタクトレンズを処方しています。新しくコンタクトレンズを作る方はもちろん、今のコンタクトレンズが使いにくいと感じている方もご相談ください。

眼科検診
目の病気がないか気になる 検診で要検査となった アレルギーがあるか知りたい など 目の病気は初期段階では自覚症状のないものが多くあります。進行すると回復できないこともありますので、定期的に検査を受けて早期発見・早期治療を行うことが大切です。
柴眼科では暗室と検査室を用意するとともに、患者さん2人の検査を同時に行えるように検査機器も2台揃えています。視力や眼圧、色覚などの検査のほか、アレルギー、お子さんの目の検査も可能です。
主な検査
  • ・視力検査
  • ・眼圧検査
  • ・屈折検査
  • ・色覚検査
  • ・視野検査
  • ・アレルギー検査
  • ・眼科検診
  • ・定期検診
  • ・幼児、児童の眼科検診
  • ・成人の眼科検診

レーザー治療
白内障が再発した 柴眼科ではYAGレーザーを導入し、後発白内障のレーザー治療を行っています。皮膚や粘膜を切開することなく、レーザー光を外から当てる治療ですので、短時間で終わり、その日のうちにお帰りいただけます。痛みもなく安心です。

眼精疲労
目が疲れやすい 目がかすむ 目が疲れて視力が落ちる など 眼精疲労とは、休憩を取っても治らない目の痛みやかすみ目、頭痛などの症状のことを指します。初期段階では目が疲れたり充血したり、視力が落ちるだけですが、進行すると頭痛や食欲不振、吐き気などを起こすことがあります。 他の病気が原因で似た症状になることもありますので、悪化する前にまずはご相談ください。

ドライアイ
目が乾きやすい 目がしょぼしょぼする 目が疲れやすい など ドライアイは涙の量が足りなくなったり、涙の成分が変化することで起こります。睡眠不足やストレス、長時間のパソコンの使用、眼精疲労などの目の病気など、その原因は様々です。また、血圧を下げる薬を投与したためにドライアイになることもあります。 柴眼科では目の表面や涙の状態を検査し、原因に合わせた治療を行います。全身疾患が原因となっている場合も、連携している内科とともに治療に当たっております。