白内障とは

白内障とは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が白く濁る病気です。
歳を重ねれば誰にでも生じる老化現象の一つで、自然に治ることはありません。点眼薬で進行を抑えながら経過観察を行い、見えづらさに不便を感じることが多くなったら手術をおすすめしています。
白内障手術では白濁した水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを挿入して視力を回復させます。当院では日帰りで受けていただけますので、患者さまの身体的・時間的・経済的な負担が少なくすみます。

当院の白内障手術の
特徴

熟練の眼科医が先進機器を用いて、安全性の高い日帰り手術をご提供しております。

手術実績豊富な眼科医が執刀

国際医療福祉大学医学部成田病院の眼科で教授を務める柴 友明医師が手術を担当します。白内障手術においても数多くの実績がありますので、安心しておまかせください。

経歴

東邦大学医学部 卒業
元東邦大学医療センター佐倉病院 講師
元東邦大学医療センター大森病院 准教授
現国際医療福祉大学医学部成田病院 教授

所属・資格
  • 日本緑内障学会 日本網膜硝子体学会
    日本眼科手術学会
    日本眼科学会専門医 医学博士 認定指導医
専門領域
  • 網膜疾患
  • 白内障
  • 緑内障

白内障手術のための
先進機器を完備

  • 白内障手術装置

    超音波の振動により、硬くなった水晶体でも効率よく除去することができます。また手術中の眼内圧を一定に保つ機能を備えているため目にやさしく、合併症のリスクを抑えた安全性の高い手術を行うことができます。

  • スペキュラ
    マイクロスコープ

    角膜は5層構造になっており、一番内側にある角膜内皮は角膜を透明に保つ働きをしています。スペキュラマイクロスコープは角膜内皮細胞の状態を観察できる顕微鏡で、白内障手術が適応できるかを診断したり、術後のダメージを確認したりするために使用します。

  • IOLマスター

    眼内に挿入する眼内レンズの度数を決定するために必要な、眼軸長(目の表面から網膜までの長さ)を測定するための装置です。目に触れることなく測定できるため、痛みはありません。

患者さまに合わせた
眼内レンズ

白内障手術で目に挿入する眼内レンズには、さまざまな種類があります。
眼鏡やコンタクトレンズを選ぶように、お仕事やライフスタイルを考慮して眼内レンズをお選びいただけます。

単焦点眼内レンズ

遠方・中間・近方のうち一つにピントを合わせた眼内レンズです。もっとも一般的な遠方にピントを合わせるタイプは、長期的に安定した視力を得ることができます。ただし読書やスマートフォンの使用など手元を見る際には、老眼鏡が必要になることがあります。

多焦点眼内レンズ

(選定療養 ※別途レンズ代が必要となります)
遠方だけではなく、近くや中間距離にもピントが合うレンズです。できれば眼鏡をかけたくない方にはこちらがおすすめです。しかし選定療養のため、別途レンズ費用が必要です。
また単焦点レンズよりも見え方や耐久性が劣る場合もあるため、詳しくは医師にご相談ください。

※保険適用でできるものもありますので、詳しくは医師にご相談ください。

手術について

白内障手術の流れ

白内障と診断されてから手術までの流れ、注意事項をご説明します。
※身体的に日帰り手術が困難と判断した患者様には大学病院での治療をお勧めする場合がございます。

  • 術前検査

    目の状態を把握するために角膜内皮細胞の検査や、眼内レンズの度数を決める検査などを行います。
    さらに医師やスタッフから図や動画を使って、⼿術の内容をわかりやすくご説明します。

  • 手術3日前

    感染症を予防するため、処方された点眼薬を手術日の朝まで点眼してください。緑内障などの普段使用している点眼薬はそのままお使いいただけます。

    (手術前の注意事項)

    ・術後は洗髪ができないため、前日までにおすませください。
    ・手術当日の洗顔や食事、服薬などに制限はございません。ただし、化粧水、お化粧、マニキュア、香水は使用しないでください。

  • 手術の流れ

    1:局所麻酔で手術を行います。

    2:安定して手術を行うために、特殊な器具を使って眼球を固定します。痛みはありません。

    3:眼球の表面に小さな穴を開けて、そこから手術器具を挿入します。超音波振動により白濁した水晶体を粉砕し、吸引して摘出します。

    4:水晶体が取り除かれた眼内に、人工レンズを挿入します。人工レンズは折りたたんだ状態で挿入されますが、眼内で広がって適切な位置に納まります。

    5:人工レンズを挿入し終えたら、眼内を洗浄して手術終了です。基本的には傷口の縫合を行いません。手術をした目に眼帯をします。

    手術後はリクライニングルームにてお休みいただき、ふらつきなどがなくなったらお帰りいただけます。手術当日の滞在時間は通常は約2時間です。

    (手術後の注意事項)

    ・術後は公共交通機関にて、できれば付き添いの方とお帰りください。車や自転車の運転はできません。
    ・洗顔、洗髪は術後4日目までお控えください。
    ・翌日から首下の入浴とシャワーは可能ですが、目に水が入らないようにご注意ください。
    ・その他、お仕事や運転、生活については医師の指示に従うようにしてください。手術前にも詳しくご説明します。

料金のご案内

保険診療での白内障手術

単焦点眼内レンズ・
多焦点眼内レンズ
(保険適用のもの)

【手術費用(レンズ費用込み)】
保険適用にて1~3割負担

片眼につき

1割負担の方 約17,000円(税込)
2割負担の方 約34,000円(税込)
3割負担の方 約51,000円(税込)

選定療養での白内障手術

多焦点眼内レンズ

【手術費用】
保険適用にて1~3割負担

【眼内レンズ費用】自費にて負担

片眼につき

通常の白内障手術に追加して 300,000円(税込)
乱視矯正レンズの場合でも追加料金なし

保険適用の手術は国が定めた金額になるためどの病院でも手術費用は一律であり、ここには保険適用の単焦点眼内レンズ代金が含まれています。

※当院では短期滞在手術基本料1の認定を受けております。

TOPへ
診療
時間
診療時間 日祝
8:30~12:00 / /
16:00~18:00 手術 / / /
※受付時間は午前は11:30、午後は17:30までとなります。
※眼鏡処方・コンタクトご希望の方は午前11時・午後5時までにお越し下さい。
※火曜日はコンタクト処方はしておりません。
◎火曜日は10:30までに受付して下さい。
休診日:火曜午後(手術)・木曜・土曜午後・日曜・祝日