緑内障・糖尿病網膜症について|四街道市で眼科をお探しの方は柴眼科まで

診療時間
8:30~12:00 / /
16:00~18:00 / / / /

※受付時間は午前は11:30、午後は17:30までとなります。

休診日:火曜午後・木曜・土曜午後・日曜・祝日

043-423-2150
各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー
大切な目を守るために
日本人の失明の原因は、第1位が緑内障、第2位が糖尿病網膜症です。この2つの病気の患者数は今後さらに増えていくと懸念されています。
どちらの病気も自覚症状が出にくく重症にならないとわかりにくいため、定期的に検診を受けて早期発見・早期治療をする必要があります。
柴眼科では、難症例の場合も総合病院と連携し、しっかりと治療を進めていきます。
緑内障や糖尿病網膜症は継続的に治療を続けることが大切です。
継続的な治療で症状の悪化を抑えて失明を防ぎましょう。

緑内障

緑内障とは

眼球には「眼圧」という一定の圧力がかかっています。緑内障とは、眼圧が高くなり、視神経が圧迫されて視野や視覚に障害が起こる病気です。
40歳以上の約20人に1人が、緑内障になっていると推定されています。

主な症状

緑内障には慢性緑内障と、急性緑内障があります。
慢性緑内障は少しずつ進行していくため、悪化しないと自覚症状が出ません。代表的な症状に、視野の一部が欠ける「視野欠損」がありますが、片目だけ発症してももう一方の目が補うため、見えなくなっていることになかなか気づけません。
症状が進むにつれて視野の欠ける範囲は広がり、見える部分が狭くなって、日常生活がスムーズにできなくなってしまいます。
一方、急性緑内障は急激に眼圧が上がって発症します。そのため、頭痛や吐き気、目の痛み、充血などの症状がはっきりと見られます。

緑内障の症状

  • 初期

  • 中期

  • 後期

原因
眼球は房水という液体で満たされていて、一定の圧力がかかっています。この房水の圧力のことを眼圧といいます。
何らかの原因で房水の排出がうまくいかなくなったり、生まれつきの異常から眼圧が高くなって、目の奥にある視神経を圧迫するようになると、視神経は潰されておかされてしまいます。
また、眼圧が正常であっても、視神経がその圧力に耐えられなくなって緑内障になることもあります。
検査の種類
緑内障の初期段階では、自覚症状がほとんどありません。そのため、早期発見をするには検査が欠かせません。
また、緑内障の進行や治療効果を把握するためにも、定期的に検査を行います。

眼圧検査

眼圧を調べる検査です。測定器によっていくつかの方法があり、目に直接機器を当てるだけでなく、目に圧縮した空気を当てる測定方法などがあります。

眼底検査

緑内障になると、視神経が眼球と繫がっている視神経乳頭のへこみが広がります(視神経乳頭陥凹拡大)。眼底検査ではこの度合いを調べます。

視野検査

視野の範囲を調べて、視野が欠けていないか調べます。この検査によって、緑内障がどの程度進行しているかがわかります。

光干渉断層計(OCT)

緑内障では視神経周りの網膜が薄くなります。
網膜や視神経乳頭の断面図を撮影することで、緑内障を判定することができます。

早期発見の重要性
2000~2002年に行われた日本緑内障学会の緑内障疫学調査では、40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっていると判明しました。 さらにこの調査を受けるまで緑内障にかかっていると気づいていなかった人が、緑内障患者の89%を占めていたのです。
緑内障はかかっていると気づかないうちに症状が悪化していきます。しかも一度失った視覚は治療を受けてももとには戻せません。そのため自覚症状に頼らずに、検査によって早期発見をすることが大切です。
40歳を超えたら、年に1度は眼科検診を受けて目の健康状態を確認しましょう。

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は糖尿病の三大合併症の1つです。緑内障に次いで、日本人の失明の原因となっています。
糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、網膜の細かい血管が傷ついたり詰まってしまい、視力や視覚に異常が見られるようになっていきます。

主な症状

糖尿病網膜症は、糖尿病になって数年~10年ほどで発症します。初期段階ではほぼ通常通りに見えますが、進行するにつれて歪んで見えたり視野が欠けていきます。自覚症状が出たらかなり進行していることがほとんどです。
糖尿病網膜症が進行すると、視野の中に小さな虫やごみのようなものが飛んでいるように見えたり(飛蚊症)、見えない部分が出てきたり、歪んで見えるなどの症状が現れます。
さらに悪化すると失明に至るため、早期発見と早期治療を心がけることが重要です。

糖尿病網膜症の症状

  • 飛蚊症

  • 歪んで見える

原因
網膜には光や色を感じる神経が多数通っています。血糖値が高い状態が続くと、網膜の血管が傷つき、血管が詰まったり変形したり、出血するようになります。すると、網膜は酸素不足になり、神経線維にも詰まりができます。この段階ではほぼ自覚症状はありませんが、かすみ目になることがあります。
酸素不足になった網膜は、足りない酸素を補うために網膜や硝子体に新しい血管を作ります。しかしこの血管はもろく、破れて硝子体が出血しやすくなります。 さらに新しくできた膜で硝子体と網膜が癒着するようになり、網膜が膜に引っ張られて網膜剥離を起こすことがあります。この段階では、飛蚊症や視力の低下が起こるようになります。
主な検査
糖尿病網膜症の検査では、眼底の状態を確認します。

視力検査

視力検査表を使って、片目ずつの視力を調べます。

眼底検査

目の奥に光を当てて、網膜の血管の様子や出血があるかどうか、網膜にむくみがあるかどうかを直接確認します。

光干渉断層計(OCT)

網膜は幾重もの層になっています。その層の断面の状態を確認します。この検査で、黄斑浮腫の状態がわかります。

日常生活での注意点
糖尿病網膜症の原因となっている糖尿病を改善することが大切です。血糖コントロールをしっかりと行えば、糖尿網膜症の進行は食い止められます。
そのため、普段の生活でも適切な食事や運動を心がけて、症状に合わせて処方された薬を服用します。
また、定期的に眼科検診を受けることで、進行状態を把握し、治療の効果を確認することができます。

糖尿病網膜症の初期段階を過ぎてしまったら、網膜をもとに戻すことはできません。
現状を維持し、進行を防ぎ、悪化させないために、血糖コントロールと定期検診を続けていく必要があります。
柴眼科でご一緒に、体全体の状態も見ながら治療を進めていきましょう。